直接訓練

老化と摂食嚥下障害「口から食べる」を多職種で支えるための視点

嚥下筋群の協調性獲得に必要なのは直接訓練であり間接訓練はその補強という位置づけ

1.嚥下筋群の協調性獲得に必要なのは直接訓練であり、間接訓練はその補強という位置づけ ・摂食嚥下運動の一連の動作には50近い筋肉が関与しており、関連する筋肉が協調しながら運動することにより、スムーズな嚥下運動ができる ・高齢者...
タイトルとURLをコピーしました